2009年06月14日

学校教育:人間育成の方法

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月12日投稿)


受取った質問:今日の児童はシェアすることや与えることも学校で学ばされます。しかし一度彼らが世の中に出でしまうと、違う価値観の影響下におかれます。職業人ではなく人間を作る為に、現在の教育システムに何を導入すべきでしょうか?


私の答え:現代の通常の学校で人を育てることはできません。また彼や彼女に他者に対する正しい態度を教え込むこともできません。これをする唯一の方法は正しい環境(社会)の協力であり、まず生徒の周りにそれを作る必要があります。


現在そのようなことを自分達の目標にしている学校は世界の中で1つもありません。世界における全児童は、型にはまったテストの合格の達成、苦しい競争に勝つこと、他者を踏みつけることを教えられます。彼らのコンパスは最大の利益をもたらす仕事に就くことを意味する成功に向けられています。


このようなやり方は以前の競争社会の時代において通用していました。しかし今や私達は『最強な者が(他を)支配するのではなく、他と団結する者が(一緒にみんなで)勝利する』という新しい法則で機能する完全化した社会に住むようになりました。したがって違った種類の人間を作る必要があります。それはすべての人の敵ではなく、すべての人の友達という人間です。


そのような人を作ることは、私達の利己的な性質に反することです。よって必要とされるものは特別なメソッド(カバラの科学)と手段(是正する力)です。さもなくば人々は再びユニティーの理念を歪曲することになり、「全国家のプロレタリアート(労働者階級・無産者階級)よ、団結しよう!」と呼びかけて、再び社会主義やキブツ主義(イスラエルの農業を中心とした生活共同体)を確立しようとするでしょう。私達のエゴイズムにとってそれよりよいものを思いつくことは不可能なのです。


従って適正な児童教育は社会にとって一番の問題です。もしそれが解決されなければ、自然が要求する社会の改善はできません。そのような改善を達成させるにはカバラの原理を応用する以外に方法はありません。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 22:41| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

家族全員が自分以外のみんなに頼っています

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月11日投稿)


受取った質問:個人の福祉が社会の福祉にかかっているという概念は、あらゆる子供教育のもとになっています。残念ながら結局のところ、この規則は決して守られません...。


私の答え:“完全にそろった人類、グローバルな人類”、“バタフライエフェクト”、“相互保証”、“相互授与”といった概念の混同を避ける為にも、1つのイメージを思い描くことがベストです:私達の皆が1つの家族であるということ。家族の中の全員が自分以外のみんなに頼っています。もし一員の気分が悪くなれば、その気分も全員によってシェアされます。


同じように、今日の各個人の福祉もすべての人にかかっています。このような理由から私達は他者のケアに自分を捧げなければならないのです。なぜなら私達の一人一人が1つの家族の一員だからです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 21:35| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

完璧とは“ひかり”と願望の結合です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月11日投稿)


受取った質問:あなたは、もし人が自分の中にある性質と特質を適正に結合するなら、完璧に到達すると言いました。この結合とは何のことですか?


私の答え:人間には2つの自然的な力が内的に存在しています。被造物の特質に相当する受取る願望と、創造主の特質に相当する授与する願望です。私達はその2つを適正に結合させて等しくする必要があります。


私達の受取る願望は初めは自己の為だけに行動します。それを授与する願望に等しくすることとは、それ自体を変化させるのではなく、その実行を変化させることを意味します。受取る願望はそのまま残りますが、その実行は“自己の為”から“他者の為”に変化させる必要があります。


こうすることによって受け取る願望は創造主の授与する願望に類似するようになって、人は創造主の特質と段階 - 永遠と完璧の実行のなかにある願望の感覚 - に到達するのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 20:15| Comment(0) | カバラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

社会は親子の強い絆を育成しなくてはならない

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月9日投稿)


統計によるとロシアにおいて十代の自殺は事故と殺人に次ぐ第3番目の死因です。もしも鬱または自殺願望をもった子供が家族の支援を感じているのなら、その子供の自殺を考える頻度はとても低くなります。十代の自殺の62%は、家庭での問題や愛する人の無関心に関連しています。


私のコメント:すべての人におけるエゴイズムの増大は、子供の死亡率の増加を招きます。その解決策は、一般の人々の間に、そして特に親と子供との間に強い絆を築くことに賛同しエゴイズムを是正することにあります。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 05:01| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

人生の波乱には目的があります

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年5月26日投稿)


今日の私達は極めてまれな苦境に立たされています。自然は私達が分裂していてお互いを憎んでいることを示しています。私達のエゴイズムが破壊的なものだと。また私達は地球レベルでお互いに頼らなくては生きていけなく、私達の意に反しながらも皆がお互いに繋がっていることも示しています。


私達にはお互いから逃避できる場所などありません。私達は自然の法則に従うしかなく、自然そのものがそれを強要しています。人間による現在の人工的状況がそうさせているのではないのです。もし私達が自然法則に従わないのなら状況はもっと酷くなり、自然との不和がより強い打撃と苦しみを人類に与えて人類絶滅の危機にさえ落入るでしょう。これら全てが起こる理由は私達のエゴイズムにあります。


私達は自然から追放されている状態にいます。この状況から解放してくれるものはあるのでしょうか。それはあります:私達の救いは、正しい人間関係を作ることと、私達の周りにある自然環境との正しい関係(繋がり)をつくることにあります。これは私達に自然との調和がとれた不可欠な一部になる機会を与えます。


もっとも重要で急がねばならないことは、私達の一人一人が私達の存続 - 食糧、水、気候、健康、精神的状態、霊的状態 - がもっぱら自然との調和のみにかかっていることを理解して感じることです。実際に、これが私達の人生における波乱の目的なのです。私達が経験するすべての出来事、状況、状態は、私達を押し動かす内的な力 - 創造主 - の発見を助けるために意図されているものなのです。苦労とストレスは創造主を知覚することを学ばせて、全てのことにおける隠れた理由が創造主にあることを気づけるようになります。


これが危機が波状的に起きる理由です。危機の目的とは、私達の世界に存在する悪いことのすべては私達の間にある憎しみによるものということを示すことです。そのあとに私達はこの憎しみとは完璧からの追放と同じことであり、憎しみを乗り越えることが私達をこの追放からときはなしてくれことを理解するのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 20:42| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

願望実現は人生に充足をもたらしません

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月7日投稿)


富、美貌、名声といった目標の達成は実際に人々をより不幸にすると研究発表されました。これらの要素は総合的な人生の満足を促進しません。幸せを唯一もたらすものは、人が個人として成長し、自分が愛する人々との強い関係を持続し、社会に貢献することです。


研究者たちは願望を満たすことが精神や感情の健康にいつも有益になるとは限らないことを発見しました。物質的な利得をすぐに獲得する人は、羞恥心や怒りなどのネガティブな感情、そして頭痛、腹痛、無気力といった病気になりやすい傾向にあります。


もう一方で、スピリチュアルな目的を切望する人達は、肉体的により元気で、精神的によりポジティブで、親しい人との強い社交関係を持続し、ストレスもより少ないのです。


私のコメント:エゴイズムは霊的な充足に対する切望にさえ勝ります!


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 00:27| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

世界危機の責任は私達の皆にあります

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月6日投稿)


現在の世界情勢はすべての人とあらゆる事柄が相互的に繋がっていることを示しています。全世界は完全化(グローバル化)したことによって全ての人の行為は、まさに全世界の影響の結果です。私達が正しい社会を築くまで各個人も是正されません。ゆえに行動もです。


上記から推論できることは、銀行家、政治家、テロリスト、又はその他の人々の行動を非難することはできないということです。なぜなら私達がこの世界情勢を作った張本人だからです!私達は全て起きていることの共犯者です。なぜなら私達の一人一人が世界の仕組みを作っている必然的な一部であるからです。私達の各自に責任があり、与えられるべき懲罰を受けます。


個人の利益と社会全体の利益の間には何の違いもありません。それらは同じです。私達の皆が閉鎖体系の構成部分であり、皆が家族の一員として共通の感覚を共有しています。私達は皆お互いに繋がっているのです。そして私達の閉鎖体系を支配している法則について無知であることは、それらの法則を破ることで受ける罰から守ってはくれません。


世界に罪があるかぎりあなたは高潔になることはできません。なぜならあなたも世界の一部であるからです。全ての人が与えられるべき罰を受けるのです。この先、誰かの損失で勝ち組になれる人は誰もいません。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 04:56| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

悪く見えるものの中に善を知る

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月7日投稿)


人は常に自分が正しいと思っています。自分には良いことしか起きない、悪いことなどは決して起きないと予期します。これが今日における人類の人生観です。世界は次々に生じる危機や問題に悩まされていますが、もしかするとそれらに何らかの意図があるとは全く誰も考えません。すべての人はこれらの出来事は偶然だと思っています。


言い換えると、私達は経験から学んでいないということです。自分達がこれらの出来事の原因であるとは認識していないのです。


現在この問題はますます深刻なかたちで現れつつあります。この先私達が発展するには全人類が1つに団結する以外に手段はありません。


これを可能にするものは、上層の力 - 創造主 - を引き寄せることだけです。これが、自然の上層力の利用方法についての知識を広めることがとても重要なことの理由です。そうした後でやっとすべての人が、初めは悪く見えるものの中にある善について学ぶことができるのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 21:13| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ジョー・スミスの物語と世界の相互依存

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月3日投稿)


ジョー・スミスの一日は目覚まし時計(日本製)の音に目を覚まし始まった。コーヒー沸かし器(中国製)でコーヒー入れている間に、カミソリ(香港製)を使いひげを剃った。その後にボクサーパンツ(スリランカ製)とジーンズ(シンガポール製)を着てランニングシューズ(韓国製)を履いた。


電気調理器(インド製)で朝食を作ったあと、彼は今日の生活費がいくらなのか計算するために計算機(メキシコ製)を取り出した。腕時計(台湾製)の時間をラジオ(インド製)で確認しあと、彼は自動車(ドイツ製)に乗り、ガソリン(サウジアラビア製)を満タンにしてアメリカの高給な仕事を探しにいった。


今日も仕事が見つからなかったジョーは帰宅後、すこしリラックスするためコンピューター(マレーシア製)の前にすわった。彼はスリッパ(ブラジル製)を履き、一杯分のワイン(フランス製)を注いだ。そしてテレビ(インドネシア製)をつけながら、アメリカにいる自分がなぜよい仕事が見つけれないのか不思議に思った。しかしながら彼はアメリカの大統領 - ケニヤ製 - が救ってくれることを願うのであった。


私のコメント:もしジョーが上記の製品の部品のことまで調べたとしたら、彼はそれらの生産に世界にあるすべての国が係っていることを理解することでしょう。





もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 23:14| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

グローバル時代の新しい生き方 - 『意図の法則』



行為 − 他者への配慮 = エゴイズム(利己主義)
危機 = 利己的な意図 × 個人の行為
世界危機 ⇄ 個人のエゴ
行為 + 他者への配慮 = オルトルイズム(利他主義)
行為 + 利己的な意図 → 行為 + 利他的な意図 = ポジティブな結果

字訳
グローバル時代の新しい生き方 - 『意図の法則』

行為の最終結果は初めの考えに既に含まれています。
個人における全行為と全考えは人間のシステム全体に影響します。
自分がシステムに及ぼしている効果に気づいていないとき、人は自動的に利己的な意図をもって行動します。
これらの意図が組合わさると自然に対立が生まれます。
これらの危機は世界レベルで私達の行為のうらにある初めの考えを露呈します。
これらの利己的な意図に気づくようになれば、個人レベルで行為の趣旨を意識的に決めることができます。
行為のうらにある考えを変えることだけが、ポジティブで意図した結果を生むことができるのは明らかです。
これが意図の法則です。

「残念なことに自分の意図に目を向ける人など誰もいません」

自然法則は不変です。
人間の態度が変わらなくてはならないのです。

新しいグローバル・ライフの法則


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 21:54| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。