2009年07月15日

カバラなくして世界の問題解決は可能か?

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年7月15日投稿)


受取った質問:カバラの科学にかかわることなく、単に人類が団結およびE.U.(ヨーロッパ連合)や世界政府のような組織の確立の必要性を認識することで人類の問題解決は可能でしょうか?


私の答え:全ての物を全ての人がシェアできるように、私達が1つの心をもつ一人の人間として団結しなくてはならないと、自分達と他者を納得をしはじめたと仮定してみて下さい。そのような目標を私達は達成できるでしょうか? ナチス政権のドイツや共産主義のロシアがしたことと同じ事になるでしょう。


こうした理由でカバリスト達は世界を変えるためには是正する力を引き寄せなくてはならないと警告するのです。言い換えると、世界の改善は高級な力を世界に啓示するカバラを使うこと以外には不可能ということです。この上位の力の助けをかりて世界は正しい状態になれるのです。


こうした理由で、政府やG20サミットが解決策を見つけるのを待つことには、その価値がないのです。だれも解決策を有してないのです。世界は発展するにつれて、救済の手段がないことを認識するようになります。人類はその発展、追求、無数の口実といった過程のなかで、人類には解決策がなく世界が壊滅寸前であることを発見する一方で、私達はカバラの科学を広めていきます。まさに崖っぷちに立たされた状態になったとき、私達カバリストは世界と共になるでしょう。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 20:24| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

私達の完全な世界は始まりも終わりもない円形です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年7月6日投稿)


受取った質問:同時に他人を憎むことなくして、どのようにして人は自己のエゴイズムを憎むようになれるのですか?


私の答え:今日の世界における問題は、誰もが責任を他人のせいにすることです。しかし閉鎖した完全な体系に関していうのなら、その中にいるすべての人に責任があります。誰も正しくもないし、間違ってもいません。もし悪が存在するのなら、その原因は私達全員にあるのです。


もしも全ての歯車が互いにかみ合っているなら、賞罰を免れる歯車は1つもありません。全てが繋がっています。誰かが回転しなければならないとは言えません。または他人の理由でその他の人の回転を強いることもできません。すべてが同時に動いているのです。したがって私達の是正は相互的でなくてはいけません。これが意味することは、私達の皆が同時に決心するということ:「逆方向に回転することは止めよう。他人のために一丸となって同じ方向に回転しはじめよう。」


世界で起きていることの責任は全員にあります。そこには加害者も被害者もいません。私達全員に全ての悪い事と良い事におけるまったく同じ責任があります。この理由は、私達が完全な世界に住んでいて、完全な世界は始まりも終わりもない“円形”で表現されるからです。よって誰々に責任があるということはありません。すべての人が人間社会で起きている全出来事に加担しているのです。


私達は全部そろった完全な体系の性質を獲得し、すべての人に対する扱いを変えなくてはいけません。もしも自分が悪の認識に到達したのなら、自分だけが世界における犯罪者だと実感するようになります。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 01:24| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

不平等は全社会問題の根源です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月28日投稿)


世界における投獄率、麻薬の乱用、うつ病、離婚、家庭内暴力、親と子の疎遠などネガティブな社会現象に関しての統計データを分析すると、興味深い発見があります。


これらの問題は貧しい国々ではほとんど存在しないことが分かります。抗うつ薬について述べると、社会的平等のレベルが高い国に住む人々はあなたが何について話しているのか理解しません。しかし社会的な不等がより多くある社会において、抗うつ薬を飲むことは普通なことであり、多くの人には個人的な掛かりつけの精神分析医またはセラピストがいます。


最終的に分かることは、問題は貧困にあるのではなく、様々な生活水準の間にある不一致、他者と関連させた自己評価の方法、私達の間にある不平等にあります。平等とは自然の法則です。よって社会のバランスが崩れれば崩れるほど、社会問題は多発します:犯罪、麻薬、うつ病、離婚など。同時に、人々の生活水準が近くなればなるほど、私達の社会に蔓延しているこれらの問題は少なくなります。


あなたは洞窟のなかに住んで幸せになることができます。またはどんな問題もあることなく完全な繁栄のなかに住むこともできます - 社会の全員が同じ様式で住んでいるかぎり。問題は唯一不平等から生じます。まさにバランスの欠落がすべての悪の根源だからです。


しかし人々を平等に至らせることは簡単な作業ではありません。なぜならそれが私達のエゴイスティックな(利己的な)願望に矛盾することだからです。それゆえに人にはそれらを補うものが必要不可欠です:現在の私達の願望は他者よりも上になることから、私達は他者と平等になることでいったい何を獲得できるのかと思います。カバラは、私達がこの願望を変えれるのようになるには、創造主が啓示されることだけによるものなので、私達に同等の人として暮らしなさいと伝えます。“彼”を啓示することは、不等における全ての気持ちを満たし、これが他者と同等になるという妥協を補う報酬になります。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 15:43| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

“召使い”が権力を握っているときの世界の運命

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月24日投稿)


カバラの科学の知識が世界の国々に伝わったとき、それは世界の発展を奨励し、同時に多大な損害をもたらしました。今日までカバラはイスラエルの人々の中で特別に選ばれた人にだけ開示されてきました。しかしそれが世界に開示されたとき、人々は宇宙の構造体系を利己的に会得しはじめ、自然法則を研究し、自己の利益を得る為にそれらを使い、残酷的に自然と隣人を利用しはじめました。


カバリストがカバラの科学を封印したという事実にもかかわらず、これが世界を過去および現在においてなおも続いている全ての破壊に追いやったのです。それはまだ封印されています。勉強の準備ができていない人がカバラの書物について何も理解できないというふうに。人はまず初めに自己の特質を隣人の為の授与と愛に是正し、その後にだけ自然の大いなる力がその人に啓示されるようになります。


しかし、人間が知識を探求してきた期間、私達は自然の外的な力を研究する目的で通常の科学を使うことはできました。そして知識も獲得しました。これが技術進歩を導きました。それは明白に私達の損失につながってきたと見られています。


その結果、人類の歴史が作り上げてきた世界全体におけるすべての発展が、私達のエゴイズムのために使われてきたという理由で人類の利益にはならなかったと見なされています。私達が獲得した自然についての全知識と、私達が獲得し自分達の利益の為に応用しようとしてきた全ての法則と手本は、最終的に私達に牙を向けるようになりました。これは蓄積的なプロセスであり、自然の全段階および人間活動の全域において生じている全般的で世界的な危機を導いてきました。


人間が数千年に渡って行ってきた全てのことが今日悪行として露呈されています。それはあたかも私達がかつての人間文明の発展と現在の間に線を引いていることです。これからは、今までしてきたことの全てを正直に総計し、将来どのように発展していくのかを決めなくてはなりません。


私達の将来の発展を何処に向かわせればよいのかはとても簡単なことです。結局のところ、自然法則についての全知識と全科学が、私達のエゴイズムのために利用しようとしたことによって危害しかもたらさなかったと証明されたのだったら、全てを反対方向を変えようではないですか! もし私達が本当に人類の利益の為にという良い道で科学と全知識を使ったとしたら、それは私達のヘルパーになり本物の繁栄をもたらしてくれるでしょう。そうすれば私達は自然破壊、環境破壊、そして自分自身の破壊をもうしなくなり、自滅の危機から脱し、反対に全く新しい段階に上がります。


これら2つの反対のものは - 自然の力とその手本を私達の損失か崇高な目的のどちらかで使うとき - ミストレス(女主人)ではなく“サーバント(召使い)”が権力を握っている、または“ミストレス” がサーバントの助けをかりて向上し彼女自身を顕示すると呼ばれています。“ミストレス”のほうがカバラの科学です。それは正しく使うことで私達に人間性の是正方法を教え、自然のもう1つの部分およびその計り知れない力を啓示します。このすべては私達が永久に存在する為に与えられたものなのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 20:20| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ユダヤの大いなる秘密の解体

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月20日投稿)


受取った質問:私は“ユダヤの陰謀”に対するあなたの答弁を偶然見つけました。あなたは何らかの陰謀が存在すると立証しましたが、それはポジティブなものであると述べました:ユダヤ人は選ばれた人々であり、世界の融和と“新秩序”の樹立を促進させると皆が承知しているということ。私の質問:どのような手段または方法を使ってこの新秩序を樹立するのですか?私の質問に答えてください。そうでなければ私はあなたが答えを知らない、またはそれを隠していると断定します。


私の答え:あなたの質問にできるだけ素早く答えましょう。生徒としてあなたを失わないために、または私の無知があなたを悲しませることのないように。ユダヤ人には大いなる秘密があります。それには世界の未来に対する解決策があります。それは世界のすべての人に関係することであり、これが皆が無意識にユダヤ人を嫌悪の対象にしていることの理由です。すべての人はユダヤ人を憎んでいます。なぜなら皆がある程度ユダヤ人に左右されていると感じているからです。


しかしユダヤ人自身も自分達の秘密について知りません! それについて唯一知っているのはカバリストだけです。彼らは何世紀にも渡ってそのことを知っていました。しかし彼らはそれを隠していました。なぜなら誰も未来への道をたどりたいという願望を持っていなかったからです。その理由は人々のエゴイズムがまだ十分に発達していなかったからです。


しかし今やその秘密をすべての人に開示できる全条件がそろいました。その兆候は、世界的な受難、世界同時不況、古い秩序の崩壊、そして世界的な相互依存が示されたことです。しかし今日になってさえも、依然として、この秘密に着手したいという人は多くありません。


今後の全てはあなた次第です。もしあなたがその秘密を明らかにしたいとおもうのなら、あなたの周囲に存在する全てのもの - 今気づいていないもの - における拡大した認知を獲得します。その啓示は科学的研究に類似しています - 今日まだ解明されていないどんなものも(秘密)将来は啓示(知識)に変化します。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 18:02| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

私達は未来の預言を阻止できます

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月17日投稿)


受取った質問:多くの人が2012年に重大な現象が起こると訴えていますが、カバラは2012年について何か述べていますか?


私の答え:カバラにはそれについて何も述べません。過去にバール・ハスラムは、1995年からカバラが世界全体に開示されて、人々はそれを要求するようになり、それが人生を是正するためのものだと理解するようになると言いました。


星の位置や他の自然的兆候などは、何らかのプロセスが起きるかもしれないという事実を示します。しかしカバラはこれについて論じません。それを信じていないからというのではなく、全ての物事が私達の行為と是正によって決まるという理由からです。良いか悪いかに関係なく、未来に起こる全てのことは、私達の一瞬一瞬の行為によって決定されます。


従って、人はどんな時も全世界を完全な是正に至らせる努力をしなくてはなりません。それによって未来が決定されます。2012年も含めて。


すべての預言者や神のお告げなどは、自然の道を通ったときの世界のそのゴールに向けての進化について述べています。自然の道とは人間が苦しむだけで何の参加や関与もしなかった場合を意味しています。しかし人には全てを変えることのできる能力があります。考えてみて下さい、私達の認知している未来のついての兆候は、全て自然界における無生物段階に付随していることだということを。私達はそれよりも3段階も上に位置しており(無生物 - 植物 - 動物 - 人間)、私達の能力は星やその兆候を超越しているのです。


カバラは私達に自分達の運命を完全にコントロールする能力を教え、自然界における全段階から生じるどんな危険状態も消滅させることができます。実はこれが私達が実現する自由意志の方法なのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 23:10| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

マスメディアの役割は世界に奉仕することです

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月15日投稿)


受取った質問:共同の是正プロセスにおいてマスメディアの役割はどう変わるべきですか?


私の答え:人の是正は社会の影響によってのみ生じることができます。私達全員は是正を達成して正しく結ばれなくてはなりません。そしてこれを行うために、全員が自分のいる環境から正しい結束の模範を得なくてはなりません。


したがって私達は最も強力なコミュニケーション・ツールであるマスメディアを利用して世界に正しい環境を築かなくてはなりません。メディアは社会からの要求と政府からの圧力によって是正を行うツールに変わらなくてはなりません。強力で広報的なメディアのみが、人々に自分の環境との関係性を変える必要があると感じさせる影響力があります。


子供は親から正しい行為を要求しなくてはなりません。さもなければ親の行為を恥じるようになります。そして各々も他者に対する悪い扱いを恥じなくてはなりません。


社会の要求によって達成した変化だけがこれを可能にします。このようにして私達はマスメディアを、利益を得る為の販売道具として残しておくのではなく、本当に人々を繋ぐ道具にすることできます。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 20:25| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

世界危機の責任は私達の皆にあります

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月6日投稿)


現在の世界情勢はすべての人とあらゆる事柄が相互的に繋がっていることを示しています。全世界は完全化(グローバル化)したことによって全ての人の行為は、まさに全世界の影響の結果です。私達が正しい社会を築くまで各個人も是正されません。ゆえに行動もです。


上記から推論できることは、銀行家、政治家、テロリスト、又はその他の人々の行動を非難することはできないということです。なぜなら私達がこの世界情勢を作った張本人だからです!私達は全て起きていることの共犯者です。なぜなら私達の一人一人が世界の仕組みを作っている必然的な一部であるからです。私達の各自に責任があり、与えられるべき懲罰を受けます。


個人の利益と社会全体の利益の間には何の違いもありません。それらは同じです。私達の皆が閉鎖体系の構成部分であり、皆が家族の一員として共通の感覚を共有しています。私達は皆お互いに繋がっているのです。そして私達の閉鎖体系を支配している法則について無知であることは、それらの法則を破ることで受ける罰から守ってはくれません。


世界に罪があるかぎりあなたは高潔になることはできません。なぜならあなたも世界の一部であるからです。全ての人が与えられるべき罰を受けるのです。この先、誰かの損失で勝ち組になれる人は誰もいません。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 04:56| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。