2010年04月28日

人間性:欲望の塊




留まることを知らない人間の欲望の膨張は、いずれ人間自体を破滅に追いやるだろう。欲望とは人間を含めた地球上にいる全動物が有しているものであり、それ自体は悪くも良くもなく、中立である。欲望がなければ、文明の発達もなかっただろうし、現在のような便利な社会にもならなかっただろう。欲望なしにはインターネットやコンピューターでさえも製造されなかっただろう。欲望は私達の探究心の原動力でもあるのだ。しかし、社会が便利になったとはいえ、私達は本当に幸せになったのだろうか? 100年前と比べれは、現在の方が遥かに住みごこちはよいかもしれないが、幸せかどうかと聞かれて、幸せだと断言できる人はそういないのではなかろうか?

実際、私達が誤っているのは、その欲望の使い方にある。正確に言うと、欲望を利己的に使っているということ。言い換えるなら、その使い方における利己的な「意図」が誤っていて、それが世界の悪弊を生じさせているのだ。欲望は消滅させることはできないが、その使い方の意図を「利己」から「利他(愛他)」に変化させることが、現在人類に求められているのである。しかし、その方法と手段とはいったいどこにあるのだろうか?

もっと知りたい方はこちらをご覧下さい:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所

カテゴリ:
教育
posted by watermouth99 at 13:17| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

クリエーターの啓示は現代の呼びかけです

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年11月4日投稿)


カバラのメソッドを実現してクリエーターに近づかないかぎり、人々の気分が良くなることはないという状態にまで世界は来ました。クリエーターは明かされなくてはなりません。これが現代の呼びかけです。


もし私達がクリエーターに近づけば、気分は良くなります。もしそうでなければ、気分は悪くなります。これは自然の力もしくは私達がその様に成らなくてはいけないグローバルな法則によって決定されています。なぜなら私達の全員がひとつのシステムのなかに存在しているからです。そして、そのことを自然、クリエーター、グローバル・システム、あるいはひとつの魂と呼ぼうが、それは問題とされません。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 03:16| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

悪く見えるものの中に善を知る

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月7日投稿)


人は常に自分が正しいと思っています。自分には良いことしか起きない、悪いことなどは決して起きないと予期します。これが今日における人類の人生観です。世界は次々に生じる危機や問題に悩まされていますが、もしかするとそれらに何らかの意図があるとは全く誰も考えません。すべての人はこれらの出来事は偶然だと思っています。


言い換えると、私達は経験から学んでいないということです。自分達がこれらの出来事の原因であるとは認識していないのです。


現在この問題はますます深刻なかたちで現れつつあります。この先私達が発展するには全人類が1つに団結する以外に手段はありません。


これを可能にするものは、上層の力 - 創造主 - を引き寄せることだけです。これが、自然の上層力の利用方法についての知識を広めることがとても重要なことの理由です。そうした後でやっとすべての人が、初めは悪く見えるものの中にある善について学ぶことができるのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 21:13| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

人類とは閉鎖体系です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月2日投稿)


受取った質問:私達の魂はお互いに繋がっていて1つの体系を成しています。しかしどのようにして私達はポジティブな影響を憎しみに満ちた集団意識に与えることができますか?


私の答え:それをを実現させるには、私達には選択肢がなく、私達が自己消滅の危機および死んだのほうがましな人生に近づいていて、その回避ができないことを実感する必要があります。このように実感することが団結したいと人々を思わすのです。人間の性質 - 快楽を求める利己的な願望 - がそうすることを促し私達をそこに差し向けます。それが気分のよくなる唯一の方法なので人々は団結を願うようになります。


私達は現在でもすでに“何かを得るために与えること”ができます。例えば、お店で必要なものを手に入れるためにお金を払うことです。このような単純な売買もちいさな犠牲です。動物界または幼い子供にはこのようなことはありません。言い換えると、これは私達の本能から発生したことではないのです。


しかし、ずべての人が自分に他者との正しい関係を築く責任があると理解しなくてはなりません。そして人との正しい繋がり(関係)とは何なのかを学ぶために可能なかぎりどんな努力もすべきです。人類とは閉鎖体系であり、すべての閉鎖体系のように、すべてのものが単一性とバランスと調和を維持してサポートする方向に向かなくてはなりません。もしもそれらが崩れれば、その体系のなかの全員が被害を被り苦しむことになります。そのような体系の一部がその他の部分を犠牲にしてよい気分になることは不可能です。[閉鎖体系が水槽の場合:たくさんの魚が入っている水槽に毒を入れて一匹だけが死ぬことはありません。閉鎖体系が個人の体の場合:あなたは自分の手足を切断し、その痛みを感じずに気分よくそれをたべることができますか?]


これが私達の有している英知であり、この英知を人々に教えて広めなくてはなりません。世界のすべての人が、私たちの現在住んでいる世界でどのようにふるまうことが正しいのか、行為における新しいルールを学ばなくてはならないのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 23:21| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

自然から何を学びますか。戦争から何を学びますか。

あなたは、自然から何を学べますか?



人間はいつまで苦しまなくてはいけないのですか?
飢餓そして戦争・・・。

(ビデオクリップの描写がショッキングです。心臓の弱い方にはお勧めしません。)



ラベル:自然 飢餓 戦争
posted by watermouth99 at 18:36| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

アインシュタインの言葉

「人間は、時空に制限された一部、宇宙と私達が呼ぶ全体一部である。彼は思考と感覚を通し、他のものから切り離されたものとして、自分自身を経験する・・・それは意識における目の錯覚のようなものだ。この思い違いは、私達にとって牢獄のようなもの、私達を個人的な願望と一番近い数人に対する愛情に制限している。私達に課せられたことは、すべての生き物と美しい自然の全部を抱擁するために、他人への思いやりの輪を広げ、この牢獄から自分達を解放しなければならないことである。」


アルバート・アインシュタイン    



“A human being is a part of a whole, called by us universe, a part limited
in time and space. He experiences himself, his thoughts and feelings as
something separated from the rest ... a kind of optical delusion of his
consciousness. This delusion is a kind of prison for us, restricting us to
our personal desires and to affection for a few persons nearest to us. Our
task must be to free ourselves from this prison by widening our circle of
compassion to embrace all living creatures and the whole of nature in its
beauty.”
                          Albert Einstein
posted by watermouth99 at 00:22| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

7,000,000,000

胎児の成長と人間の進化を平行に描いた感動的な音楽ビデオ
「7,000,000,000」


posted by watermouth99 at 17:34| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

【アニメ】人類 Humanity

カバリストのマイケル・ライトマン博士が人類について説明します!


カバラ学習センターの新学期が2009年1月8日から始まります。受講をお考えの方はこちらまで。もちろん受講料はありません。

ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所

posted by watermouth99 at 23:26| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。