2009年05月31日

我々の“罪”の償いは私達の意図と意向によります

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年5月30日投稿)


受取った質問:私はあなたの著書を長い間読んできました。私はキリスト教徒の家庭で育ちました。しかし私の全質問には答えがありませんでした。あなたは何度も聖書とは寓話的に書かれているので文字どおり(逐語的)に解釈すべきではないと言いました。私も同じことを大分前に確信しました。しかし、なぜ聖書は罪の犠牲という概念を起用するのですか?キリスト教における最も重要な信仰はキリストが人類の罪の生け贄として自分自身を捧げたことを考慮して、なぜ罪あがないの供物という戒律の必要性があるのですか?


私の答え:聖書(トーラー)の全部に書いてあることは、どのようにして人間のエゴイズムを是正し、創造主との完全な同等性の段階に到達するのかということです。聖書のありうる罪のすべてを列挙している箇所は、人間のエゴイズムの啓示について書かれたものです。


その意味は、人が自己のエゴイズムをさらけ出すとき、自分が罪人であると感じるということです。なぜなら自己の利益の為に他者を利用するからです。聖書(トーラー)はまた解決法もあり、私達のエゴイズムの是正の仕方を伝えます。聖書(トーラー)の説明することは、エゴの異なる段階(無生物、植物、動物、人間)とエゴの是正方法についてです。もっと正確には、それは私達の意図・意向を“自己のため”から“他者のため”に是正させる方法を伝えているのです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 20:05| Comment(0) | 旧約聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ファラオは私達が創造主に近づくことを助けます

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年5月23日投稿)


人間同士の関係は人間のエゴ - ファラオ - によって支配されています。私達はファラオを支配の座から追って、彼から権力を奪わなくてはなりません。ではどのようにすればよいのでしょう?

私達の邪心としてファラオを創った創造主の力によってしかこれを遂行できません。創造主は意図的にファラオ(エゴ)を人間の心の中に創りました。そのわけは私達に創造主が必要だと理解させ、創造主と一緒にファラオを王座から引きずりおろすためです。このように協力的な過程をたどりながら私達は成長し創造主のようになります。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 14:06| Comment(0) | 旧約聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

天地創造:創世記とビッグバンの和解

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年3月18日投稿)


寄せられた質問:私は教師をしています。そして今“天地創造”の題材をカバーしており、聖書冒頭に記されている“創世記”について丁度ディスカッションを終えた所です。そしてこれからビッグバンについて話し始めようとしています。どうすれば5600年前の天地創造と数十億年前に起きたビッグバンの明らかな矛盾を説明できますか。

私の答え:ビッグバンは140億年前に起こりました。その原因は上層の光の微小な火花(スパーク)によるものです。その火花が一番低い段階にまで達しエゴイズムに包み隠されるようになったのです。この火花には私達の世界の物質とエネルギーの全てが含まれていました。それが後にこの宇宙全体にまで発達したです。

その後、約40億年前に私達の惑星(地球)が粒子の凝縮によって誕生しました。それは数十億年間かけ冷え、そして大気と生命が生成しました。これは偶然の一致では全くありません。全ての出来事と活動は最初の光の火花に含まれていた情報の実現です。

次に発生したのが自然段階としての無生物と植物です。その後に来たのが自然段階としての動物、そして人間です。各種の発生原因が光の火花に最初に植え付けられていた情報ということを除いては、ダーウィンが説明したように全ては連続して起きたことです。この火花の中には最初から私達の宇宙全体についての全情報が含まれていました。

しかしながら、私達には種の外面的発生しか観察できないために誤った解釈をし、
実際には情報の遺伝子(Reshimot)に起因していることなのに、1種が別のもう一種から生まれたと考えているのです。

Ariが彼の本『生命の木』で記したように、人間は数十万年前に類人猿から発生しました(『Talmud Eser Sefirot』の第3部をご覧下さい)。しかしながら、5769年前、創造主に到達したことを意味する最初の人間(The first Man)はアダムでした。彼の名は“創造主に似ている”ということを意味するEdameという言葉に由来しています。

私達(イルラエル人)は、私達の年表が始まるこの日付を新年として祝っています。その理由は、その日付から6000年以内に全ての人が創造主の段階に到達しなくてはならないからです。それは完全なるエゴイズムの是正のことです。

もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 00:09| Comment(0) | 旧約聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

ノアの方舟をつくり大洪水を逃れる


地球温暖化で世界中の氷河が溶け出し、それは世界中で大洪水を起こして
いずれ日本も海の中に沈んでしまうのでしょうか!?


カバラの新聞:Kabbalah Today(カバラ・トゥデイ)の記事を翻訳しました。
元の記事はこのサイトのp7にあります

「ノアの方舟をつくり大洪水を逃れる」

あなたがもし旧約聖書の創世記にある洪水物語を、伝説に残る過去の出来事と思っていたなら、もう一度考えてください。それは私達について語っているのです。今のこの場所についてです。ハリウッドでさえ、この事を証言してます。そうでなければ、なぜ昨年に制作費が史上最高額のコメディー映画「エバン・オールマイティ」をプロデュースしたのでしょうか?

すべての聖書の寓話とちょうど同じように、ノアと洪水の物語も私達の霊的発達に沿った段階と認識を象徴しています。その寓話のなかで「ノア」は1つの霊的段階を表し、そのなかで人は「洪水」として表された切迫したエゴイズム(利己主義)の増加を認識します。その段階でノア(または私達の中のだれも)は、彼が「方舟」―内面における霊的な授与という質―を造らなくてはならないと悟るのです。

それから、人はその人を沈没させようと脅かす利己的願望の洪水から逃れるために方舟(彼の授与という内的な質)の中に留まるのです。人が方舟の中に入ると、利己的な願望はその人を支配することができなくなります。なぜなら、その人は前もって与えられた利己的性質を完全に超越して、完全で無条件の愛と授与からなる霊的領域に入るからです。

今日、私達全員と、全体としての世界全部は、内外の両面において洪水に飲み込まれてしまうと感じ始めています。まさにこの段階は、聖書の説明する洪水が起こる前のノアの状況そのものです。私達はどんな外的手段を使っても打ち勝つことのできない自分の利己的願望によって脅かされています。洪水を生き抜くための唯一の方法は、方舟を造りその中に隠れることだけです。それは、私達のエゴイズムを超越する方法を学び、授与(与えること)というスピリチュアルな質を獲得することです。

そうすれば、方舟の中の異なった種が平和と調和の中で一緒に暮らしたように、洪水はおさまり、すべてが調和に到達します。私達が方舟から再び出てくるとき、人類は一新したスピリチュアルな存在へ完全な変化を遂げることでしょう。もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください。

ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
posted by watermouth99 at 13:14| Comment(0) | 旧約聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに神は天と地を創造された



マイケル・ライトマン博士のブログの記事です(投稿日2008年11月6日)

「はじめに神は天と地とを創造された」

質問:「はじめに神は天と地とを創造された。」(創世記第1章1節)
なぜですか?動機は何だったのですか?目的は何だったのですか?どうして創造主はすべての結果を考えずにこの世を創られたのですか!?これは、洪水の話で立証されてます。「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。わたしは、これらを造ったことを悔いる」。と言われた。(創世記第6章7節)それは、あたかも彼(創造主)はこういう結果になるとは知らなかったようです。

私の答え:存在するものは、2つだけです。被造物ー「ひかり」を受取る意志、そして創造主―「ひかり」、喜びを授与する意志。被造物が「ひかり」と同等で、それを彼を喜ばす目的で「彼のため」に受取りたいのであれば、それは「ひかり」を受取ります。そしてもし被造物が「創造主のため」にしたくないのであれば、それは彼とは逆になります。なぜならば、彼は被造物を喜ばせたいからです。よって被造物は彼や彼の「ひかり」を感じなくなり、その代わりに完全な暗闇を感じます。それは私達の世界―「ひかり」の黒い写しです。

「はじめに神は天と地を創造された。」の意味することは、彼が授与と受取の質を創ったということです。何のためか?それは、人間の内面にこれらの質を混ざり合わせて、利己主義と愛他主義を自由に選択できるようにさせるためです。
残りは、私の本を読んでください。(無料でダウンロードできます )

元の記事はここ 

Laitman.com:
posted by watermouth99 at 13:08| Comment(0) | 旧約聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。