2010年04月28日

人間性:欲望の塊




留まることを知らない人間の欲望の膨張は、いずれ人間自体を破滅に追いやるだろう。欲望とは人間を含めた地球上にいる全動物が有しているものであり、それ自体は悪くも良くもなく、中立である。欲望がなければ、文明の発達もなかっただろうし、現在のような便利な社会にもならなかっただろう。欲望なしにはインターネットやコンピューターでさえも製造されなかっただろう。欲望は私達の探究心の原動力でもあるのだ。しかし、社会が便利になったとはいえ、私達は本当に幸せになったのだろうか? 100年前と比べれは、現在の方が遥かに住みごこちはよいかもしれないが、幸せかどうかと聞かれて、幸せだと断言できる人はそういないのではなかろうか?

実際、私達が誤っているのは、その欲望の使い方にある。正確に言うと、欲望を利己的に使っているということ。言い換えるなら、その使い方における利己的な「意図」が誤っていて、それが世界の悪弊を生じさせているのだ。欲望は消滅させることはできないが、その使い方の意図を「利己」から「利他(愛他)」に変化させることが、現在人類に求められているのである。しかし、その方法と手段とはいったいどこにあるのだろうか?

もっと知りたい方はこちらをご覧下さい:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所

カテゴリ:
教育
posted by watermouth99 at 13:17| Comment(0) | 人類・人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。