2010年04月23日

世界平和



世界平和を望まない人は世界にいるのでしょうか? 結局のところ、すべての人は幸せにくらしたい、平穏な人生をおくりたい、不安や苦しむこともなしにみんなと仲良く、喜びを分かち合って生活したいと望んでいるのでいるのではないでしょうか? 多くの人は、こんなのは非現実的であり、理想論者のきれいごとにすぎないと考えるでしょう。なぜなら、それが正解であるからです。人間には他者と仲良くすることなど絶対に無理なのです。ましてや、世界平和など絶対に実現しません!!人間の本質とは、エゴイズムです。自分さえよければ他者など関係ないという利己心のかたまりです。私達の心の中にあるこの利己心をどうすれば克服できるのでしょうか? それが不可能であるなら、人類の終焉はもうすぐそこまできているといっても過言ではありません。私達のエゴの膨張はその最高段階をむかえています。そして、これが全社会問題の原因になっているのです。それは私達の回りを見れば一目瞭然です。利己心またはエゴとは人々の絆を分断させる力なのです。現在何故多くの人が凶悪犯罪にはしり、酒や麻薬に溺れ、鬱病、自殺、孤独死、それに「無縁死」などといった新しい言葉もでてきています。また、人間のエゴは私達に「損得」でしかものを考えられなくさせ、ほとんどの人がその事実に気がついていません。自分が単に自己のエゴの奴隷であるとは気がついていないのです。私達はこの誤った「ものさし」を一刻も早く絶対的なものに変えなくてはなりません。その意味とは、エゴの使い方における意図を愛他的なものにしなくてはいけないということです。これがカバラの科学が教えることなのです。

もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 00:33| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。