2009年11月28日

“事実”とは完全に主観的なものです

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年11月27日投稿)


受取った質問:事実とはなんですか?


私の答え:私にとっての事実とは私が五感を通じて感じること(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)です。それは他のものと比較でき、測量でき、記憶できるものです。しかし、それは単に自分にとっての事実です。それは私と私の脳と私の感覚に関連づけられた完全に主観的な情報のひとつです。


他のクリーチャーはその同じ“事実”を違うように解釈し、その同じものに対する私の個人的な印象は、そのクリーチャーにとって“事実”にはならないでしょう。通常、自分たちの事実の確証は自分たちに類似するものからしか得ることができません。


質問(続き):しかし、私の内面状態は常に変化しています。なら、私が前に解釈した事実はどうなるのですか?


私の答え:私達は自分たちの内面的な印象を、あたかもそれが事実のように話します。しかし、私達が変化するとき、私達は新しい事実を認識しはじめます。古い事実と新しい事実は互いに矛盾する可能性があります。なぜなら、それらはすべて主観的であり、観測者によるものだからです。


私達は全ての物事を“物質的な自分自身”(自分の願望の合計)を通して理解します。私達の願望は常に発達していて、新しい事実がその中に現れます。私達がある物事に対して理解を深めるに従って、事実も同じように進化します。アインシュタインの理論がニュートンの理論を拡大させたようにです。ニュートンの古い事実または法則は未だに有効ですが、それらの有効性はある特定の状況下のときに限ります(光の速度のよりも遅い場合、小さな又は大きなエネルギー範囲内の場合。その逆の場合も同じです。原子間における大きな距離または小さな距離の場合等々)。


私達は全ての物事を自分の願望を通じて考察しています。また私達は事実を自分の願望の“厚さ”(アヴィウット-Aviut)の様々なレベルにおいて測定します。その結果、私達は同じ出来事を願望における数々の異なった層(または強度)を通じて知覚します。これらの層は相反せず、同時に存在していて、同じ出来事に対して異なった解釈を生じさせます。


例えば、スピリチュアリティーが人に明かされるとき、物質的な世界がそれによって消されることはありません。それどころか、それはより高いレベルの世界を露出させ、私達の物質的な存在を支配している原因と結果を明らかにします。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 11:18| Comment(0) | 知覚・認知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。