2009年07月15日

カバラなくして世界の問題解決は可能か?

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年7月15日投稿)


受取った質問:カバラの科学にかかわることなく、単に人類が団結およびE.U.(ヨーロッパ連合)や世界政府のような組織の確立の必要性を認識することで人類の問題解決は可能でしょうか?


私の答え:全ての物を全ての人がシェアできるように、私達が1つの心をもつ一人の人間として団結しなくてはならないと、自分達と他者を納得をしはじめたと仮定してみて下さい。そのような目標を私達は達成できるでしょうか? ナチス政権のドイツや共産主義のロシアがしたことと同じ事になるでしょう。


こうした理由でカバリスト達は世界を変えるためには是正する力を引き寄せなくてはならないと警告するのです。言い換えると、世界の改善は高級な力を世界に啓示するカバラを使うこと以外には不可能ということです。この上位の力の助けをかりて世界は正しい状態になれるのです。


こうした理由で、政府やG20サミットが解決策を見つけるのを待つことには、その価値がないのです。だれも解決策を有してないのです。世界は発展するにつれて、救済の手段がないことを認識するようになります。人類はその発展、追求、無数の口実といった過程のなかで、人類には解決策がなく世界が壊滅寸前であることを発見する一方で、私達はカバラの科学を広めていきます。まさに崖っぷちに立たされた状態になったとき、私達カバリストは世界と共になるでしょう。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 20:24| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。