2009年07月14日

世界の窮地からの脱却

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年7月12日投稿)


今日、人類は周囲の状況が制御できないことと世界を管理するすべを持っていないことを発見しつつあります。世界では特別な力が啓示されつつあり、それは人々の完全な繋がりによるものです。この力はすべての人を繋げ1つの体系をつくりあげています。そしてその体系の中で生きていくには、私達のエゴイズムの中に留まった状態では無理です。


互いの関与と世界的な相互関係という新しい法則が啓示されつつありますが、そのような法則についての説明は人間が開発した現在の利己的な科学では提供できません。その結果、今日の人類は絶望的状況のなかにいて、そこから脱せないでいます。それが現在の世界情勢です。


少数の人は危機がもう去ったと思っているのかもしれませんが、実際は深刻化しているだけです。私達がすごい速さで近づきつつある行き詰まりの状態にいったんなれば、カバラの科学は徐々に啓示されるようになれます。


人々が苦しんで問題に直面しはじめるときに最も重要なことは、人々がその状況が私達が何年もかけて作り上げてきたプロセスの結果であると正しく実感できることです。利己的な願望は人類を発達させるものです。それは私達を前進させ科学を発達させます。


この願望は以前の全システムの崩壊を生じさせ、人間の行動の全分野における集団的な失敗を導きます。人がもし自己のエゴイズムをつかい続ければ将来の希望はないことを理解しなくてはなりません。別の面から言えば、私達の到達した繋がりのレベルとは、他者を認めることと他者を愛することさえをも余儀なくさせるようになりました。


これら全ては徐々に説明されなければなりません。人が人生の最初の20年間に世界について教育されるようなやり方で。今日では最も権力を有する人も最も賢い人も自分の住んでいる世界がどのようなものなのか、将来に待ち受けているものが何なのか、新しい世界の人生で身につけなくてはならない習慣が何なのかを知るようにならなくてはなりません。これは地球に住んでいる全ての人に適用することです。私達は新しい状況にいます。そして以前の全発展に関して述べると、この状況とは最後のものであり、逆行させることもできません。しかし今や私達には違う種類の発展のための機会があります。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 00:12| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。