2009年06月29日

不平等は全社会問題の根源です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月28日投稿)


世界における投獄率、麻薬の乱用、うつ病、離婚、家庭内暴力、親と子の疎遠などネガティブな社会現象に関しての統計データを分析すると、興味深い発見があります。


これらの問題は貧しい国々ではほとんど存在しないことが分かります。抗うつ薬について述べると、社会的平等のレベルが高い国に住む人々はあなたが何について話しているのか理解しません。しかし社会的な不等がより多くある社会において、抗うつ薬を飲むことは普通なことであり、多くの人には個人的な掛かりつけの精神分析医またはセラピストがいます。


最終的に分かることは、問題は貧困にあるのではなく、様々な生活水準の間にある不一致、他者と関連させた自己評価の方法、私達の間にある不平等にあります。平等とは自然の法則です。よって社会のバランスが崩れれば崩れるほど、社会問題は多発します:犯罪、麻薬、うつ病、離婚など。同時に、人々の生活水準が近くなればなるほど、私達の社会に蔓延しているこれらの問題は少なくなります。


あなたは洞窟のなかに住んで幸せになることができます。またはどんな問題もあることなく完全な繁栄のなかに住むこともできます - 社会の全員が同じ様式で住んでいるかぎり。問題は唯一不平等から生じます。まさにバランスの欠落がすべての悪の根源だからです。


しかし人々を平等に至らせることは簡単な作業ではありません。なぜならそれが私達のエゴイスティックな(利己的な)願望に矛盾することだからです。それゆえに人にはそれらを補うものが必要不可欠です:現在の私達の願望は他者よりも上になることから、私達は他者と平等になることでいったい何を獲得できるのかと思います。カバラは、私達がこの願望を変えれるのようになるには、創造主が啓示されることだけによるものなので、私達に同等の人として暮らしなさいと伝えます。“彼”を啓示することは、不等における全ての気持ちを満たし、これが他者と同等になるという妥協を補う報酬になります。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 15:43| Comment(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。