2009年06月19日

肉体の死は髪を切ることと同じであるべきです

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月18日投稿)


受取った質問:自然を明かすとはどのような意味ですか?


私の答え:自然を明かすとは、私達を取り巻く一般自然法則を明かし、今とは違う段階にいる私達自身を出現させることです。言い換えると、肉体の五感が認知する現実とは対照的に真の姿の現実を明らかにするということです。この意味において私達は動物と何の差もありません。


今日の私達と動物との差は、私達が自然の全てを自分自身の為だけに利用したいという利己的な願望にあります。それはつまらない偏狭的な利益です。しかし私達は全ての人の内面にあるこの利己的な力を克服できるようにならなくてはいけません。


もしもこの利己的な力を授与の力と隣人愛に変えたなら、私達は自分達の性質を克服して授与を獲得し、自然における総体的な上層の力である創造主に似るようになります。それは全ての人の中で“創造主を明かすこと”と呼ばれています。これによって人は自己の中に授与という上層の特質を発現させ、創造主として、そして自然全体として、永遠で完璧な人生に到達します。


たとえ人が自分の動物的な肉体を失ったときでも、何かに対する欠如を感じることはなくなります。その理由はこの肉体的な人生が、最小で最低で最も取るに足らない人生の形にすぎないからです。


ラバシュは次の例をあげました:人が肉体の動物的部分における植物的部分を表している爪や髪の毛を切ったとしても、その人が爪や髪の毛を切った時に痛みを感じることはありません。なぜなら植物的部分は動物的部分の段階より1つ下にあるからです。


それと同じく、私達が自然の動物的段階を克服して創造主の段階に到達したとき、私達は肉体的な人生を失うことを意味のある重要な出来事として認知しなくなります。しかし私達がこの高い段階に到達するまでは、これからもそれを重要な出来事として見なしつづけることでしょう。


私達がいったんこの次の高い段階に上がったとしたら、この人生に留まる理由がカバラの知識を広めることと授与の必要性のためだけしかないと理解するでしょう。この場合、この機会はこれから先もなお存在するでしょう。万が一このような必要性がなく、私達の肉体は死ぬためのものだとしたら、肉体の死は爪や髪の毛を切るときと同じにしか感じないでしょう。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 15:38| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。