2009年06月10日

社会は親子の強い絆を育成しなくてはならない

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年6月9日投稿)


統計によるとロシアにおいて十代の自殺は事故と殺人に次ぐ第3番目の死因です。もしも鬱または自殺願望をもった子供が家族の支援を感じているのなら、その子供の自殺を考える頻度はとても低くなります。十代の自殺の62%は、家庭での問題や愛する人の無関心に関連しています。


私のコメント:すべての人におけるエゴイズムの増大は、子供の死亡率の増加を招きます。その解決策は、一般の人々の間に、そして特に親と子供との間に強い絆を築くことに賛同しエゴイズムを是正することにあります。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)
posted by watermouth99 at 05:01| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。