2009年05月30日

私達の考える愛とは変装したエゴイズムです

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年5月28日投稿)



受取った質問:なぜあなたは私達が“他者に対する愛”を知らない、または理解していないと言うのですか?


私の答え:人々は“愛”とはセックス、子どもの世話、病人と貧困者への手助けなどに関係しているものだとたいてい考えています。今や私達はこの概念を本当に理解しなければなりません。それは現在の危機が起きた理由でもあるからです。この危機は、愛が何であるのか、愛を欠くことの意味が何なのかを私達に本当に理解させるために発生しているのです。実際にはこれが危機の本質です。


金融、産業、その他の分野において起きている全てのことの唯一の目的は私達に真実の愛が本当に何であるかを示すことです。その後に私達は全て他のことをこの概念に比較させ、今の私達の特質がエゴイズムでしかないことを実感するでしょう。


人々は“悪の啓示”と呼ばれる過程をたどらなくてはならなくなります。現在の愛の理解は悪であり、既に他者を愛していると考えているという事実も同じことだと人々は分からなくてはなりません。その後に人々はお互いにたいする扱い方を今と同じようにつづけていったら、個人的にも集団的にも全ての人の気分が悪くなるということを理解するでしょう。あなたは個人的に気分がよいのかも知れませんが、他者を愛さないかぎり、あなたはまだ邪悪な段階にいます。


私達は“他者に対する愛”の本当の意味を定義しなくてはなりません。またその反対のもの - 憎しみ - も定義しなくてはなりません。なぜなら「“ひかり”は暗闇より有利な立場にある」からです。私達が自分以外のすべての人を憎んでいるということを認めないかぎり、私達は愛に転身できるようにはなれません。これが最初のステージであり、人類はその状態に近づきつつあります。


今のところ、人々は「そうですね。私達はお互いを十分に愛していないのかもしれません」と考えながらただ同意しています。しかし、人々はまだ私達の間にはびこる憎しみについて理解しはじめていないのです。



もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)


posted by watermouth99 at 01:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。