2009年05月22日

人類の統一は自然界において特有です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年5月21日投稿)


受取った質問:なぜ人間社会は動物的段階にいる間に体の細胞のような相互保証的な状態に至ることができないのですか?

私の答え:人間はとても複雑な生物なので細胞のように他と結束することはありません。以下がその理由です。

エゴイズムは無生物段階から、植物段階、動物段階、人間段階になるにしたがって質的に大きくなります。物体のエゴイズムが大きければ大きいほどその物体は個性的(個人主義的)なものになり、他と一体化することがより困難になります。よって人は発達するに従い他者から分離していることをもっと感じるようになります。

今日では、心理学者と社会学者だけでなく経済学者と政治家も世界がお互いに繋がっていることを理解するようになり、よって人類が統一しなくてはならないと考えるようになりました。しかしながら、彼らは物理的な方法を使ってそれができると信じています。世界銀行、世界政府、世界教育、世界規模の関係を築けば全てが解決すると考えているのです。

しかしながら、つい最近開催されたG20サミットのような会合がまた数回行われた後になってから、彼らには統一するための方法がないことを理解し始めることでしょう。彼らがこの事を理解するまで人々は残念なことに、食糧難、精神的混乱、完全な無力感、世界的な悲しみなどを含む大きな不幸を経験しなくてならないかもしれません。人々は不安を抱えて暮らすような状況に耐えることはできません。なぜなら絶え間ない不安は死よりもひどいからです。そのような状況下で私達の精神はきちんと働きません。しかし、統一を達成する唯一の方法が私達のエゴイスティックな性質を超越することでしかないことを私達に理解させる為、これらすべてのことが起こるかもしれません。

無生物段階、植物段階、動物段階における全ての性質と構成部分は自然的そして本能的に互いに連結しているので、それらの段階にはこのことは適用されません。それらの段階は自由選択や意思決定することなく、お互いを補い合い、調和しながら相互作用しています。

しかし、人々における統一は一人一人が意識的にそうしたときにだけ達成できます。他の自然段階とは違って、創造主は私達に単に統一する本能を与えてそれを達成させるようにはしませんでした。私達の統一は私達が与えることと愛の特質を獲得して全員参加で全員と結束したときにだけ可能です。これをする為には、私達は自分自身と自分のエゴイズムを乗り越えて、「自分のように隣人を愛しなさい」という聖書の戒律を達成しなくてはなりません。

このような方法で私達の間に創造主の特質が啓示され、私達は創造主に似た存在になります。その後になってはじめて、なぜ創造主が私達に対してこのように振舞ったのかの理由を理解することでしょう。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 16:00| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。