2009年05月02日

ビジネス生き残りの条件:必要な分量だけの消費

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年5月1日投稿)


受取った質問:どうやってビジネスが利益を得ないで生き残れるというのですか?それは理想郷のように聞こえます。

私の答え:その経済条件はとても単純なものです。経済的見地から言ってビジネスが社会全体の為に利益を最大限与えるなら、それは生き残れます。たとえばスーパーの品物の値段はそのスーパーの全出費に必要な分量だけを稼げるものと同等にすべきです。この計算は個人が生存に必要な分量だけを消費することを確実にするためのものです。完全体を構成している体内の細胞や臓器のように。

したがって、ビジネスの利益はそのビジネス全体の普通な存続を確実にする為だけのものです。その量を超えるどんな利益も害をもたらします。食べ過ぎが体に悪いのと同じように。お金の蓄積と特別な収入はあってはならないものです。

もちろん、どんな製造業者も不測事態にたいする安全策としての利益は確保します。変動を補うという目的で体が病気に備えてエネルギーを貯えるように。しかし一般的に今日のどんなビジネスもこのように計算を行うべきです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 10:12| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。