2009年05月02日

自己の是正を求めるならその方法を教える人を見つけなさい

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年4月29日投稿)


受取った質問:理解できません。他に誰を配慮しなくてはならないのですか?私はすべての人に対して配慮しているとおもいます。私は両親と隣人に対しても良くしています。

私の答え:あなたのような人をよく見かけます。しかしこれでは十分とは言えません!仮にあなたが隣人を殺さず、強奪をしないとしても、そして隣人から何も盗んでないとしても、隣人を強姦していないにしても、また隣人のお花に水をあげているとしても、これらのことはあなたを本当に“思いやりのある人”にしません。あなたは単に自分のエゴイズムの理由でそうしているだけにすぎません。あなたがそうする理由は、お互いをそう扱うことで私達の生活がすてきで心地よいものになることを知っているからです。

今日、自然は私達に対してそれ以上のことを要求しています。本当にお互いをケアすることを求めているのです。それはあなたが今していることとは全く違うものです。あなたは他者をあたかも自分の子どものように心配して面倒をみなくてはいけないのです。これが私達のエゴイスティックな性質に反していることは明らかですが、私達はそうしなくてはいけないのです!新しい自然法則は明かされつつあり、私達はそうすることを義務づけられています。

この法が施行されている国に連れてこられたと想像して下さい。そしてその法を破れば必ず厳しい罰を受けます。この場合あなたはどうしますか?あなたには選択の余地がありません。あなたは誰かこの法のことを教えて説明し、模範をみせてその法を守ることへの願望と力を与えてくれる人を見つけなくてはなりません。あなたに影響を与えてあなたが変わることを簡単にしてくれる誰かを見つけなくてはいけません。もしあなたの周りの人の誰もがこのことを話題にあげるのなら、確実にあなたはこの法を守ろうと同意するでしょう。もし彼らがその模範になっているとしたら、あなたはいくら初めは嫌だったとしても彼らのように振る舞いはじめることでしょう。

人は自分の置かれた状況に選択肢がないとき、どのような事にでも同意します。その法は上層から私達に課せられたものであり、私達はそれを受け入れざるを得ません。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 00:22| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。