2009年04月23日

本当の愛とは他者の願望を満たすこと

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年4月21日投稿)


受取った質問:愛が人の感情に関するものだとしたら、どうしてそれが法則といえるのですか?

私の答え:願望は創造の材料です。願望は力 - 引きつけと反発の力 - です。世界の法則には明白なものがあり、私達はやむを得ずそれに従っています。他の法則は未だに私達から隠されています。よって私達はまだそれらの法則には従っていません。しかしそれらが明かされたときは、それらを早めに学んで従うことが懸命といえます。

私達の世界での「愛」とは何でしょうか。それは何かによって自分の中で喜びを得ることのできる感情が芽生えるとき。そして人はこのもの - 光のスパーク(火花)- を切望します。人は自分を満たすために、この光に近づいてそれとの繋がりを求めます。喜びは色々なものから得る事ができます。食べ物、セックス、家族、お金、権力、知識。しかし実際人は何に繋がるのでしょう。人が繋がるものは、喜びたいという願望に入る喜びのスパークです。これが私達の世界での「愛」というものです。

私達の世界における人々の「隣人愛」にたいする解釈は、まさに誰かの顔、性格、または社会的地位が好きということですが、カバラにおける「隣人愛」はそうではありません。これは相手に対する愛ではなく、自己を満足させるものに引きつけられているという感情なだけです。

本当の愛とは、あなたが他者の願望を、それがあたかも自分のものであるかのように満たすことです。この意味は、あなたが自分ではなくあなたの隣人を愛することです。それはあなたが相手の願望を扱い、それを満たすこと。これが「隣人の為の愛」というものです。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

ラベル: 隣人愛
posted by watermouth99 at 23:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。