2009年04月14日

要求と変化を私達に休ませない力が存在する

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年4月11日投稿)


私達は喜びに制御されている受取りの願望にすぎません。この願望(私達)は2つの力の影響によってその状態が移り変わります。それらは引き寄せる力と反発させる力です。よって創造の全体には2つの構成要素しか存在していません。それらは喜びの願望と、その願望を動かす喜びです。それらは全レベルおよび全段階に存在しています - 個体、結晶、液体、生物および化学物質の成分、そして全ての無生物と動物において。全てのものの基礎は喜びを受取る願望と、それと反対の充足です。

ここで疑問が生じます:もし存在する全てのものが受取の願望とそれを満たすものだけだとしたら、その体系は静的なものに思えます。では、なぜ最初からその中には“動き”があるのでしょうか。結局のところ、最初に創造主は授与の力を使い受取の願望を創造しました。したがってこの体系は均衡に達するべきであり、その2つの力がバランス状態になるときに変化も止まるべきです。ではどうしてそのような静止がなく、永続的な動きだけがあるのでしょうか。

その答えは、この体系の中にはもう1つの力が働いているからです。創造のなかで作動している力には2つの構成要素があります。創造主は創造した願望に喜びを与えたいのです。そしてそれに加え、創造主はこの願望を創造主との同等にも至らせたいのです。したがってその願望は喜びの感覚も持ち、その感覚の内側にもう1つの感覚を明らかにするのです。それは与える者の知覚です(与える者が存在していると気づくこと)。

これが「何のため?なぜ?」という私達の疑問にたいする理由です。そして、これらの質問は私達がリラックスして人生を楽しむことを許しません。もしそうでなければ、私達はバランス状態に達し、動物と同じようになります。全てのものは素晴しく良くなり、自然のすべてはバランスポイントに達するのと同時に静止してしまうでしょう。

しかし、創造の目的は全創造 - 無生物段階、植物段階、動物段階、および人間段階 - を創造主との同等性に至らすことです。この理由のために“動き”が全てのものに組み込まれているのです。しかし誰もしくは何が全てのものを動かしているのでしょうか。それは楽しみたいという願望でも喜びを貰いたいという願望でもなく、喜びの中で明らかにされる与える者の知覚です。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 07:42| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。