2009年04月13日

私達が知覚する現実は夢と同じです

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年4月6日投稿)


受取った質問:動物、植物、および(実体としての)物質も存在していないと、あなたが言うとき、あなたは何を意味しているのですか?唯一人間だけが存在しているのですか?創造主の獲得は人間の魂のみを通じて起こるのですか?私は、私達がここで知覚する全てのもの - 樹木、星空、高い山々、風景 - は現実の”印象”であると理解しています。では、これら全ては私達の想像の中だけに在るのですか?

私の答え:唯一創造されたものは願望だけです。そこにはエゴイズムが“私”と“私を取り囲むもの”に分離した感覚が含まれています。その感覚はエゴイズムを是正することによって、“私”という一総体と自分のソース(源泉)の感覚に統合されます。それらは追加される創造主の感覚のことです。

あなたが知覚する外側の全てのものは、あなたの意識の内側で知覚されています。実際、これが“現実”です。全てのものは個人の意識の中だけに存在しているのです、夢と同じように。“私達の世界”の知覚しか持っていないことから、私達の感覚の比較が客観的にできないことは、私達を抑制しています(自己の中に閉じ込めているということ)。しかし、とても近いうちに人類は眠りから“覚醒”しはじめ、人々は他のありうる人生を発見するでしょう。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 03:58| Comment(0) | 知覚・認知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。