2009年04月07日

私達の関連性の啓示はメシア到来の兆候です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年3月29日投稿)

私達の間にある繋がりを明らかに示しはじめたらすぐに、私達はメシアの世代のなかを生きていることになります。もし私達が「私達はみんな1つの家族だ」という事実を明らかにしているのなら、これはメシア到来の兆候です。なぜなら私達はそれによってアダム・ハリションの体系を明らかにするからです。しかしその時、私達が自分達の望むことを行うには、この体系と同化しなくてはなりません。この結合は追放の終わりを象徴します。

アリ(the Ari)とハイム・ヴィタル(Chaim Vital)は500年前の彼らの生きていた時代に追放が終わりに来ていると感じていました。こうした理由でハイム・ヴァイタルは「私はメシアを待っているのだが、彼はまだ来ていない。」と記したのです。彼にとっては追放が終わったことは明白でした。偉大なカバリストは全員これについて言及しました。バール・シェム・トヴ(Baal Shem Tov)やバール・ハスラム(Baal HaSulam)も含んで。

しかし今日ではこれは、魂の全体系の明かされた姿が見える偉大なカバリストだけに明らかな事ではなく、普通の人もそれに遭遇しています。人々はまだ完全にそれを感じていませんが、彼らはそれについて耳にしています。それぞれの人は自分が周りのすべての人に依存していることについて理解しつつあり、感じはじめています。人々は、相互連結体系なるものが存在し働いていることを感じはじめています。これが“最初のひと”を意味するアダム・ハリションと称される魂の体系の啓示です。しかし現在このネットワークのなかで作動している力は否定的なものです。それは創造主と反対の力です。しかしもしあなたが創造主に求めるのなら、彼はあなたの方へ向いてくれるでしょう。

もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 21:24| Comment(0) | カバラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。