2009年04月03日

完璧な人生はもうすぐそこ

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年3月29日投稿)

寄せられた質問:もし人々に団結(協調・融和・統一)したいという願望がないとしたら、その達成を人類に本当に期待できるでしょうか?

私の答え:現在苦しみを通して進歩している人々にとって団結は救済のチャンスです。現在人類は様々な苦難に直面しています。そしてこの状況を脱するために人々は団結するようになります。

人々は喜びを求めますが、現在の人々は苦難を強いられて進歩しています。人々が団結し互いに与え合うようになるまでは、社会の安寧が訪れることはありません。そのようになった後でしか人々は喜びと充足を手に入れることはできません。

自然における全てのものは統一に向かっています。例えば、人間の体はその部分の統一で構成されます。全ての部分は調和状態にあり、互いにつながっており、相互保証的に固く結びついています。身体が生存し高い生存段階を獲得する理由は、各部分に特定の働きをする責任があり、他の部分に必要なものを供給しているからです。細胞の1つ1つがその生物全体と全部分を養っているのです。

自然法則は、無生物、植物、動物、人間に関係なく全段階に対して同じであるので、人々も体のように統一しなくてはなりません。しかし人間段階において、人々は自然全体に一致した社会を作ることにより、意識的に自分達自身でこれを達成しなくてはなりません。これが、なぜ現在の危機が世界的なものであり、全人類を包囲しているのかということの理由です。

人は他者と団結することにより本当の“生”を獲得します。これと比べ現在の人の状態は死んでいると見なされます。まるでバラバラになった体の部分のようにつながりのないまま。私達の完璧な人生はもうすぐそこにあるのに、現状のなかで私達は滅亡の危険にさらされています。

今や統一の代替が世界戦争、飢餓、疫病、異常気象であることは明白です。人類が自身を是正することができないのなら、これら全ては起こるかもしれません。しかし、人々が団結しはじめれればすぐに状況は変わります。私達の苦しみは私達のつながりの欠如が原因であり、そして私達はこれがそうであることを見てとることができると大勢の人が述べています。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 03:59| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。