2009年03月29日

1つになることで人々は何でも望むものを貰えます

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年3月25日投稿)

ほとんどの人が望むものはただ1つ。それは気持ちよいことです。彼らの目的は、不安の無いよい暮らしです。仕事、貯金、社交、そして医療保険をもつこと。彼らは、近くにスーパーやその他のサービスがある、電気と水道が十分に供給される住まいを持つことを望みます。子供にはよく育ってもらいたい、すべてのことがスムーズに運んでほしいと願います。これが彼らの欲しいものです。

したがって彼らは物質的なレベルで人々が繋がっていることを聞くことにより、他者と一緒になり是正を生じさせます。彼らはばらばらなので、それ以外に1つになる為の機会はありません。しかし、時間が経つにつれ彼らは、互いに折れ合うことと、互いに授け与えることで得られる何かが、始めに望んでいたものよりも遥かに偉大であると理解しはじめます。

貯金、医療保険、年金、そして給与のほかに、人生にはもっと高い段階があり、全ての人がそれを感じれるようになります。人が自然における上層の力 -永遠の生命の流れ- を感じると、この世に生まれる前に起きる全てのこと、現世での全てのこと、そしてその後に起きる全てのこと、それらが混じり合い1つの現実になります。そうした後に人は宇宙におけるベールに隠された部分を明かし、その両部分が1つになります。

人々はこの事を、人々の統一の結果として理解しはじめます。なぜならまさに統一することから“光”の小さな輝きを彼らは受取るからです。しかしこれが起きるのは次の段階においてです。今の私達はただ身体的な単純なレベルでよい暮らしをするのには統一が必要不可欠と懸念しているだけです。たったのそれだけです。それ以上は何もないのです。“よい暮らしをする”という意味は実際には何でしょうか。それは、あなたの望むものなら何でもあなたは得るということです!


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
Bnei Baruch Kabbalah Education & Research Institute
マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.com
YouTube日本語字幕つきビデオ
www.illuzia.net(日本語)

posted by watermouth99 at 15:49| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。