2008年11月29日

はじめに神は天と地を創造された



マイケル・ライトマン博士のブログの記事です(投稿日2008年11月6日)

「はじめに神は天と地とを創造された」

質問:「はじめに神は天と地とを創造された。」(創世記第1章1節)
なぜですか?動機は何だったのですか?目的は何だったのですか?どうして創造主はすべての結果を考えずにこの世を創られたのですか!?これは、洪水の話で立証されてます。「わたしが創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも。わたしは、これらを造ったことを悔いる」。と言われた。(創世記第6章7節)それは、あたかも彼(創造主)はこういう結果になるとは知らなかったようです。

私の答え:存在するものは、2つだけです。被造物ー「ひかり」を受取る意志、そして創造主―「ひかり」、喜びを授与する意志。被造物が「ひかり」と同等で、それを彼を喜ばす目的で「彼のため」に受取りたいのであれば、それは「ひかり」を受取ります。そしてもし被造物が「創造主のため」にしたくないのであれば、それは彼とは逆になります。なぜならば、彼は被造物を喜ばせたいからです。よって被造物は彼や彼の「ひかり」を感じなくなり、その代わりに完全な暗闇を感じます。それは私達の世界―「ひかり」の黒い写しです。

「はじめに神は天と地を創造された。」の意味することは、彼が授与と受取の質を創ったということです。何のためか?それは、人間の内面にこれらの質を混ざり合わせて、利己主義と愛他主義を自由に選択できるようにさせるためです。
残りは、私の本を読んでください。(無料でダウンロードできます )

元の記事はここ 

Laitman.com:
posted by watermouth99 at 13:08| Comment(0) | 旧約聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。