2009年10月30日

間違いを犯すことを恐れてはいけない

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年10月29日投稿)


もしも人が正しく進歩しているのなら、彼はスピリチュアルな道において自信を持っていません。彼は自分と自分の人生に起こらなくてはならないすべてのことを知っていると傲慢には信じず、むしろ自分を支配しすべての行為をする“唯一の存在”だけを信頼します。彼は自分がただ、すべてを統治して授け与えている“唯一の存在” -上層の支配者- との結合だけをしなくてはならないことを知っています。


しかし、もし人に自信があって、得意になり、自分がすべてのことを知っていると思っているのなら、彼は自分が狭量な所有者の道にいて、本当のスピリチュアリティを味わったことがないということの理解さえもしないでしょう。


あなたは自分の間違いを認めることを恥じるべきではありません。本当の道とは、あなたが自分の間違いを露呈し、それを正し、結局もっと間違いに気づくということになることの連続です。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 01:11| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

マクソム(障壁)への攻撃は精神界の中への誕生です

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年10月26日投稿)


受け取った質問:あなたは何度か“攻撃”の概念について言及しました。私達は誰または何を攻撃しているのですか? この状態に今ここで、特にこのコングレスで到達できますか?また、それをするためにどう互いを助け合うことができますか?


私の答え:実際、精神界(スピリチュアルワールド・霊界)は攻撃を通じて獲得されます。それは上層からの圧力の直後に下層からの圧力が生じるときのことです。霊性の世界の中へ渡ることは、子供の誕生に似ています。胎児は発達すると、頭を逆さにして生まれてきます。


逆さにするということは、人の自分自身と世界に対する観念を完全に変えることを意味してます。より重要なことと余り重要でないことの位置が入れ替わるのです。逆さまにするという意味は、人が価値観を変えるということです。これを行う覚悟ができれば、すぐに霊的な誕生は起こります。言い換えると、人(胎児)と母親(創造主)の両方から、圧力(プレッシャー)がなくてはならないということです。


私達が上層の段階と類似するようになろうとする試み、および友達との間に正しい団結状態を見つけようとする試みを通じて、私達は、陣痛(Tsirey Lida)にも似た、上層からの圧力を引き寄せます。ヘブライ語の“収縮・攣縮”という言葉(Tsar, Tsirei)は、“狭い”という言葉(Tsar)に語源があります。この意味は出産の攣縮(つまり陣痛)がとても狭くて苦しい状態をつくるので、私達がマクソム(物質界と精神界を隔てる障壁)から押し出されて精神界の中に入るということです。


マクソムは狭い所で、そこを通って人が誕生します。よって、私達は“狭い”状態や苦しみを恐れるべきではありません。私達は単に自分達を逆さにして誕生すべきなのです。

(ユーラシア・コングレスでのレッスンより 2009年10月23日)

もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 23:47| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エゴイズムはその限界まで到達した

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年10月26日投稿)


この世界で人々が持っている願望のすべては、その発達の最後を迎えました。よって、これ以上発達するものは何もありません。私達の世界は完全停止状態にきたのです。私達のすべての肉体的願望(食べもの、セックス、家族ようなものにたいする願望)、および社会的願望(富、名声、権力、知識にたいする願望)は危機に落ち入っています。その理由は、それらの願望がその発達の最終段階を過ぎ去り、それらが誤った形に変質化してきているからです。


よって、この世界でエゴイズムはもう発達することは不可能です。それはむしろ私達をつなげ、私達が完全に相互依存していると感じさせています。たとえ国々や人々が互いから遠ざかろうと試みたとしても、これから私達はもっともっとこのつながりを感じはじめるようになります。最終的に私達は完全で完璧なつながりに到達し、そのことが“他者を自分のように愛す”という義務を負わすことになるでしょう。


そうなった後に私達は、これがすべての問題に対する解決策であることを発見するでしょう。


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 00:34| Comment(0) | 経済・社会・暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

大人が羨むべき子供からの質問

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年10月23日投稿)


質問:人生の意味とは何ですか? なぜ私達はここにいるのですか?


私の答え:今起きているすべてのことが夢のなかで起きていることだと想像してごらん。つまり、君がこれの夢をみているということです。君がこのコングレスに参加していて、私と話をしている夢を見ているということです。でも、君はもうすぐ目を覚まし、実は君が家に居たことに気がつくでしょう。


私達の全人生はこのようなものです。それは長い夢です。そしていずれ目を覚ますのです。でも、私達が寝ている間は、夢を現実のように感じます。


人生の意味とは、これが夢であることに気づき、できる限り早く目覚めたいと欲することです。もしも夢が勝手に終わるのを待つのなら、私達は絶対に目覚めることはありません。私達は自ら目を覚ます必要があるのです。そして、これは君の友達と内面からの光の光線が、君を眠りから目覚めさせようとすることでしか達成できないことです。


いちど目覚めれば、私達がどんな境界もない美しい世界にすんでいることに気がつくでしょう。それは1つしかない喜びに満ちた大きな冒険です。私達の人生の意味とは、この新しい世界に目覚めることなのです。


(北米コングレス 子供達のレッスンより 2009年10月17日)


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 18:26| Comment(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ私達が皆つながっているのか子供達も質問します

マイケル・ライトマン博士のブログlaitman.comの記事です。
元記事はここです(2009年10月23日投稿)


質問:なぜ私達は皆つながっているのですか?


私の答え:創造主は1つの願望を創造して、その後にそれを粉々に壊しました。


実際に私達は皆内側でつながっています。そして、私達はただ自分達がつながっていないように感じているだけなのです。


私は他者が自分から分離していると感じます。私は人々に嘘をつき、彼らから盗み、彼らを殴り、彼らを憎んでいます。なぜなら、彼らも私であると感じないからです。全世界はすべて私なのです!


創造主は故意に私を混乱させました。他者が私だという事実は私に啓示されます。そして、その後に、次のように自問しなくてはなりません。「私は自分自身をこのように扱うなんて、なんてことをしてしまったんだ?私は自分自身からものを奪い、自分自身を殴り、自分自身から盗んだ。私はたくさんよいものを自分自身から奪い去った。


私は常に、自分自身、私の健康、私の心地よさ、私の平穏を傷つけている。私は自分自身に対して悪いことをする。私は何を考えていたのだろう?なぜ私にそんな明白なことが分からなかったのだろう?」


私達が1つの全体であるにも係らず、他の部分が自分とは無縁のように見えるのは、単にエゴイズムの歪んだ鏡のなかにおいてのことです。


これはいやな気持ちですが、その利点は、それが私達を是正に導くことです。それは私達を相互連結(インターコネクション)に向かわせて、私達が近づいて自分の隣人を愛せるようになるための動機を与えます。


(北米コングレス 子供達のレッスンより 2009年10月17日)


もっと知りたいと思った方はこちらのサイトをご覧ください:
ブネイ・バルーフ カバラ教育研究所
posted by watermouth99 at 03:53| Comment(0) | 知覚・認知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。